集団ストーカー被害例

下記の被害報告は、多数の被害者からの証言によるものです。
類似被害件数が多いものを下記に挙げてみました。

・通勤中やショッピングの最中などに、見ず知らずの不特定多数の人間にすれ違いざまや人ごみの中から、被害者本人しか知らないはずの内容のほのめかし、悪口、罵声などを浴びせられる。

・買い物中に見ず知らずの人間から進路妨害をされる。
・買い物中に見ず知らずの人間に後をつけられる。
・見ず知らずの人間に買い物カゴの中身を確認される。

・外出して帰宅すると玄関の鍵があいている。
・置物や壁のカレンダーなどの位置がずれている。
・室内の物が紛失している。

・電車内などにおいて、全く会話をしない複数組のカップルが現れる。
・電車内、駅のホームなどにおいて、見ず知らずの人間が長時間顔を見つめている。

・近隣の住民や隣接の駐車場などで、車輌のドアの開閉を延々と繰り返される。

・自宅からの外出時に、隣室・隣接住民が同じタイミングで外出してくる。
・帰宅時に隣室・隣接住民が同じタイミングで帰宅してくる。

・近隣住民の部屋に不特定多数の人間が出入りしている。
・賃貸住居の借主と住人が異なる。

・隣室住民、近隣住民によって就寝のタイミングに大音を立てられるなど、睡眠の妨害をされる。
・睡眠妨害音を注意しても、同様の行為を何度も繰り返す。